2113/01/01

ご挨拶

始めて会ったときは、まだ、お母さんの背中で泣いていた赤ん坊が成人したり、小学生だった子どもが小学生の親になっていたり、親しくしていた友人がいなくなったり。毎年欠かさず通っている間に、様々なことがあり、長い年月が経ちました。
このブログで取り上げるポイントホープの概略については、ウェブサイトを立ち上げて説明してきました。ただし、普段の、普通の出来事については、ポイントホープ滞在中に時々掲示板に書き込む程度でした。
このブログでは、ウェブサイトでは、触れていない様なことも含めて、思いつくままに書いて行こうと考えています。

ものぐさな性格なので、更新が滞ることも多々あるとは思いますが、気長にお付き合いください。

基本的にコメントは付けませんが感想、質問等はご自由にお書きください。
また、こちらで不適切と判断した書き込みについては、承諾なしに削除する場合があります。ご了承ください。

その他
 既存の投稿について、特に断りなく加筆、修正することがあります
 故人の方々は特に支障がない限り、本名を記載していますが、その他の方々については、イニシャルあるいは仮名で記載しています。

2111/05/08

お願い

このブログで取り上げている町、ポイントホープは人口700人程度の小さなコミュニティで、特にこれといった観光施設はありません。
このブログを読んで、ポイントホープの人たちの生活に興味を持ってもらえることは、とてもありがたいことだと思っています。
ただし、彼らが行っているクジラ猟をはじめとする各種狩猟は、生活のために行っているものであり「見世物」ではありません。

例えば、このブログや、某著名な写真家の写真や素敵な文章を読んでクジラの猟に興味を持ち、クジラ猟の時期のポイントホープを見てみたい、と思ったとしても、もしそれだけの理由でポイントホープへ行こうと思ったのなら、止めた方が良いでしょう。
はっきり言ってクジラの猟は待ちの猟であり、氷点下の氷の上で何日もひたすら待ち続け、クジラが捕れれば、今度は血まみれ脂まみれの不眠不休の莫大な肉体労働が待っています。体力的、精神的にかなり過酷な仕事です。

通りすがりの人がちらっと猟の様子を見て、感動的なポエム風の文章を書き、それを読み、憧れる人も多いかもしれません。
しかし、実際にこの場で生活している人間にとってのクジラ猟は、ポエム的なことを書いたり言ったりしている余裕など全くなく、命がけでクジラを追い、何時間もかけてヘロヘロになりながら氷上に引き上げ、巨大な肉塊をいかに素早く、効率よく解体していくか、それだけです。
作業が終わってひと段落しても、そこにポエムなどなく、心地よい疲労と空腹があるだけです。
「この命が、やがて我々の血となり肉となり。。。」
なんて歯の浮くようなことは言わず、
「腹が減ったから、今日は捕れたてのクジラでステーキにしよう」
それだけです。

綺麗な写真やポエムに憧れて、大挙して日本人が押し寄せてきても、僕は対応しかねますし、猟をしている当の本人たちにとっても、大変迷惑な話になります。
命をかけて生活の糧を得ている場所に、カメラをぶら下げた観光気分の人たちがぶらぶらしていたら邪魔でしょうがないですし、来るべき獲物もその場所を避けて行ってしまうでしょう。

本当にエスキモーの生活に興味があり、何が何でも、それこそ人生を棒に振ってでも一緒に猟をしてみたい、というくらいの心意気があるのなら、相談には応じます。
ただ、滞在先は紹介しかねますので、自分で探してください。その方がはっきり言って面白い体験ができると思います(ホテルもあります)。

僕の場合、昔からエスキモーのことが大好きで、おそらく日本国内で出版されているエスキモーに関する書籍の5割以上は入手して読んでいるはずです(年とともに忘れてしまったことも多いですが)。
そして日本での生活のかなりの部分を犠牲にして、ポイントホープへ通い続けています。
中途半端な気持ちで毎年ポイントホープへ通い続けているのではない、ということをご理解ください。

クジラ猟に限らず、ポイントホープに関する商業的な取材を行いたい方は、まずNative Village of Point Hope等へ問い合わせて、取材許可を得てください。
時期的なものなど、詳細は相談に応じますので、何なりとご質問ください。ただし当ブログに色々なことを書いているので、事前に読んでおくことをお勧めします。

Point Hope

2018/08/02

初めてのクジラ

「Mが80インチのテレビ、持って行ってしまったよ」
「で?」
「Iは緑のグリズリー(ATV)」
「へぇ」
「CとJはスノーマシン」
Cはエルダー(60歳以上)だったっけ?
「あとは大きな写真とか食器のセットとか」
「トラックを持って行かれなかっただけでも良かったじゃん」
「まあねえ。居間にテレビがないと寂しいよ。さっきTが来たんだけど、テレビがないと静かだなって言って、すぐ帰っちゃったよ」
「ゲームできなきゃつまらないもんな」
「オレのベイビー、80インチ。。。」

ポイントホープでは、キャプテンになって初めてクジラを捕ったとき、町のエルダー(60歳以上の年寄り)がキャプテンの家にやってきて、好きなものを持っていくことができる。それがどんな高価なものであっても、拒否することはできない。
結果的に上記のようなこととなった。

先代キャプテンも初めてのクジラが捕れた際、母親に買ったばかりのホンダ(ATV)を持って行かれている。猟に必須のモーターボートまで持って行かれそうになってしまったので、
「これは息子のだ」
と言って難を逃れたらしい。

昨年、ポイントホープを去る間際のこと。
「もし来年クジラが捕れて、エルダーが来たら『これはシンゴのだ』って言うといいよ」
と助言しておいたのに、すっかり忘れていたようだ。
まあ、80インチのテレビがシンゴのものだと言っても、誰も信じないとは思うけれど。

2018年カグロック雑感

5月終わりころ、スィガロック(天然地下冷凍庫)からマクタックを引っ張り出し、カグロックの準備が始まる。
5月31日午後、元キャプテンから呼び出しがあり、彼の家(部屋が広いので作業をしやすい)のリビング、キッチンに大きなビニールシートを敷きつめ、肉を切るためのベニア板やダンボールを運び込む。キャプテンは仕事に出ていていない。
元キャプテンと若いクルーと一緒に作業をして、ミキアック作りの準備完了。
キャプテン仕事より帰宅
「明日の準備しなくちゃなあ」
「さっきTとやって終わってるよ」
「あ、そう」
なんだかやる気ないな。

6月1日、13時、に集合しミキアックを作り始める。キャプテンは仕事で留守。ミキアック作りの達人、元キャプテン奥さんを中心に作業は進む。
17時過ぎ、仕事帰りのキャプテンがちょっと顔を出すものの、そのまま家に帰ってしまう。
「キャプテンはどこ行ったんだ?」
一通り終了し、晩飯を食べながらつぶやくと
「そうなんだよなあ」
と元キャプテン。
1週間ほど前に発作で一度倒れたキャプテン妻は、無理をしないよう言い聞かされていたが結構頑張っていた。
81歳のIばあちゃんも休みつつも延々と作業を続けていた。

日曜日、ベッドルームから大ゲンカの声。カグロックまであと1週間しかないのに何をやっているんだか。いたたまれたくなり、やることもないのに物置へ避難。
ミキアック作り、ほとんど手伝ってもらえないんだもの、奥さん怒るよなあ。
しばらくして家に戻ると、どうにか仲直りはした様子。
娘曰く、たまにこういう喧嘩するらしい。

家主が仕事中に、自分にできることはじわじわと進める。
スィクパン(薪とともに脂肪を燃やすストーブ)用の古いストーブ、網が剥がれてひん曲がっていたので溶接してみる。自分一人でやる溶接は初めて。調整に失敗して網を焼き切ったりしたものの、どうにか修理完了。
そのストーブ用に集めてきた薪用の流木を電動のこぎりで切りそろえる。
アバラック切断用の大型ナイフの柄についた汚れを落とし、刃を研ぎあげる。
冷凍庫に切り分けて保管してあったアバラック(尾びれ)を5日ほど前に引っ張り出す。隣の家の物置に置き、表面に霜が付いたり結露で濡れたりするので朝晩各1回両面を拭く。
ユーカック(温かい飲み物)用に大きなバケツ2つに雪を集めてくる。溶けたら雪を追加。
などなど。

本番数日前
「だんだんナーヴァスになってきてるだろう?」
「そうだなあ」
キャプテンになって初めてクジラを捕った。さらにこの年最初のクジラを捕っているので、カグロックの際は、まず最初に話をしなくてはならない。
「喋ること紙に書いといたらどうだ?」
絶対にやらないとは思っているけれど、一応助言。
アバラックを配るキャプテン

そして本番。
キャプテン、思いの外しっかりと、そして堂々と、神に対して、人々に対して、感謝の言葉を語ったのだった。

アバラックを配っているときに「シンゴ!」と名前だけ呼ばれた。
アバラックを受け取り、ハグしつつ「ありがとう」というと「愛してるぜ」「オレもだ」。
一瞬涙が出そうになった。

3日目の夜。体育館での踊りと肉やマクタックの配布が終わり、車へ向かう道すがら
「ありがとう、H」
というと、なんだか都合が悪そうな、はにかんだような笑顔をよこしただけだった。

結果的にほぼ元キャプテン夫妻の主導で進んだカグロックだった。
学ぶべきことはまだまだたくさんあるはず。
まあそのうち独り立ちできるだろうとは思うけれど。
応援してるぜ。

2018/05/07

海の中の音

昨年、思うことあって作ったステレオ水中マイク。
アラスカへ出発直前の4月中頃、秋葉原へ出かけた際に、そういえばマイクケーブルをもう少し長くしようと思い立ち、電線屋さんでケーブルを買いってきました。
 マイクのケーブルだけ変えるつもりだったのに、ついつい全部作り直してしまったのです。
水中テストしないまま持ってきたら、1度の使用で浸水。乾かしたら直ったけれど。
その後は試しておらず、もしかしたらしばらく録音の機会はないので、最初に録れた音をちょっとだけ加工してスライドショーにしてみたのです。

 海の中の音

イヤホン、ヘッドホンで聞いてみてください。
いろいろな音が聞こえてきます。
動物の声、水が氷に当たる音。
最初の頃わずかに「カッ、カッ」と聞こえてくるのは、ニクシック(カギのついた重り)で海底に沈んだベルーガを探している音。
そして「ザッ、ザッ」という音は、誰かが氷の上を歩く音。
「チリチリ」と聞こえる電気的雑音は、マイクが少しずつ浸水している音かと。。。
こんなに賑やかに聞こえるんだから、氷の上でちょっと何かしたら、すべて水中の生き物たちに聞かれてるということだよね。

2018/04/01

苺販売を行います(行いません)。

ご存知の方もいると思いますが、私、学生時代を静岡で過ごしております。
静岡といえば苺の産地でして、当時からの友人、岩内真実(いわうちまさみ)も苺農家の長男でした。
卒業後、家業を継いで苺農家となり、昨年あたり海外進出をしたとのこと。しかし最近まで、彼がどこで何をしていたのか知りませんでしたが、先日、こんなパンフレットが送られてきました。

南極苺パンフレット
南極産の苺を日本で売りたいというのです。南極、確かに海外です。
まあ、何かと世話になっている数少ない友人のひとりですので、ここは一肌脱ごうということで、苺販売を手伝うこととしました。
実はまだ試食もさせてもらっていないのですが、彼の作っていた苺は、他の農家の同じ品種のものと比べても、格段に美味しかったので、間違いはないと思います。

販売は夏から、とのことですが、このブログを見てくださっている方には、先行販売をしても良い、と言われております。
南極から運んでくるので、値段がちょっと高めなのがネックですね(すみません、値段は「高め」としか聞いていないのです)。

直接私に問い合わせ頂いても構いませんし、以下の苺販売サイトから問い合わせてもらっtても良いでしょう。

南極苺

毎度ごめんなさい。
4月1日、エイプリルフールの嘘記事です。お許しくださいませ。
苺なんて売りません。URLはどこにもリンクしてません。
マクマード基地近くの断崖じゃなくて、アラスカのトンプソン岬です。

2018/03/29

毎日新聞夕刊

先日の「お店のようなもの」での「お話会のようなもの(クジラノツカマエカタ)」、無事終了いたしました。
思いの外多くの方に集まっていただき、のんびりと話をしていたら、いつもと同じ内容なのに、3時間くらい話をしておりました。
いらしてくださった皆さん、ありがとうございました。

さて、そのお客さんの中に、毎日新聞社の方がいらっしゃいました。
終電で帰ると出て行ったのですが、しばらくして酒とつまみとともに戻ってまいりました。電車に乗り遅れたそうです。
そんなこんなで朝を迎え、迎酒をいただきつつ(僕は飲めないのでコーヒー)、簡単なインタビューを受けつつ、昼頃までダラダラと過ごしておりました。

その時のお話が、夕刊に載っておりました。
憂楽帳

短い記事ですが、話をした内容はしっかりとまとまっております。
酒飲みながらのインタビューとは思えません。さすがプロの仕事です。
年齢を見てびっくりしたとか、エイプリルフールかと思ったとか言われてますが、事実ですよ。
そして悪いことをしなくても、新聞に載るのですね。